好きな相手を諦めるタイミングが肝心なポイント

まず一番多いのが好きな相手に特定の相手がいると分かった時です。
例えば既婚者だったり、恋人がいると分かってた時点で諦める人が多いでしょう。
中には特定の相手がいても自分のものにするという略奪愛に燃える人もいるかもしれませんが、奪ったものは結局すぐにまた別の誰かに奪われてしまうものです。
簡単に奪われてしまうなんてそれだけフラフラしている男性だという事ですから、そんな人ではないと信じたい人はやはり特定の相手がいる時点で諦めた方が賢明でしょう。

また特定の相手がいないと分かり、告白をしたけどフラれてしまった。
これも諦めるタイミングだと言えるでしょう。自分ではダメだったという事が分かったので諦めがつく、気持ちが切り替えやすいタイミングだと言えるでしょう。

脈がないと分かった時

また相手の行動により自分には脈がないなと気づいた時も諦めるタイミングになるケースが多いようです。
どんな行動で脈が内と判断するのかというと、メールの返信が遅い時や話しかけてもそっけない態度の時。
また目が合った時にそらされてしまったり、デートに誘って断られた場合も脈がないと判断していいでしょう。

恋愛相談をされた時は諦めるタイミングがどうか微妙です。
なぜかというと相談をされた段階ですでに恋人同士として上手くいっていないという事ですよね。
そして恋愛相談していた相手と気づけば付き合う事になっていた・・・・なんてパターンはよくある事です。
慰めている間に距離が縮まり自分の事を好きになってくれる可能性はゼロではありません。
それに相談相手に選ばれたという事はそれだけ信頼されている、心を開いているという事でもあります。
恋愛相談されるぐらいだから自分には脈がないんだ・・・・と諦めるのはまだ早いかもしれません。
もう少しだけ頑張ってみてはどうでしょうか?